Fiddler HTTP デバッガ

Fiddlerのインストールと基本的な使い方

Fiddlerのダウンロード

Fiddler Web Debugger - Freeware HTTP(S) debugging toolnから 最新のexeファイル(Fiddler4BetaSetup.exe)をダウンロード。

Fiddlerのインストール

Fiddler4BetaSetup.exeをダブルクリックし、インストーラーを起動。

Fiddler Setup: License Agreement
I Agree

Fiddler Setup: Installaton Folder
C:\Program Files\Fiddler2\ を設定 Install

Fiddler SetUp: Installing
Install

Fiddler SetUp: Completed
Close

Fiddlerのアップデート

Fiddler起動時に次バージョンがリリースされていればアラートで案内。

Update Announcement
Yes

Fiddlerを一旦閉じ、手順はインストール時と同じ。

Fiddlerの基本的な使い方

Fiddlerを起動。
画面下部をHide AllからWeb Browsersに切り替える。
ブラウザを立ち上げると同時に、HTTP通信をFiddlerが取得。

SSLサイトではFiddlerをサイト表示後に起動するとHTTP通信の取得に失敗するため、Fiddlerを先に起動させておく必要有り。
また、Fiddlerで情報を取得中、一部のウェブサービス(確認しているのはGmail、Google Chat、アプリ経由によるTwitterなど)が使用ができなくなる。

Fiddlerでできること

左側にはHTTPセッション HTTPステータスコード(Result)/プロトコル(Protocol)/ホスト名(HOST)/URL、右側には各セッションの詳細が表示される。

Inspectors > Headers
ヘッダ情報を表示。

Inspectors > Headers > TextVew
ソースを表示。

Inspectors > Headers > JSON
JSONの確認。

Inspectors > Headers > XML
XMLの確認。
画面に直接表示されることない、JSONやXMLのデバッグに重宝。

Inspectors > WebForms
POSTの確認。

一覧から選択 > Reply > Reissue Request
クエリの再実行。

Fiddlerの取得結果

Rules > Hide Image Requests
一覧に画像情報を表示しない。

一覧から選択 > Filter Now > Show または Hide
付随する情報に基づきフィルタパターンを羅列、そのフィルタを選択すると絞り込みが行われる。解除するには一覧下に表示されているFiltersのパターンをクリック。

画面左下ツールバー Capturing をクリック
取得が中断される。再開するには Capturing が消えた空のバーをクリック。

最新の記事

プロフィール

流されるままにウェブ業界で仕事しています。
主にLAPP環境でPHPを書いています。
最近はjQueryをよく書いています。