Smarty3 設定

Smarty3のインストールと設定

Smarty3のダウンロード

Download | Smartyから最新のZipファイル(Smarty-3.1.11.zip)をダウンロード。

C:\appli下にlibという名前でディレクトリを作成、その下にzipを展開。

C:\appli下にvarというディレクトリを作成、そこにtemplates、templates_c、configs、cacheディレクトリを用意。

クラス

C:\appli\lib下にsmarty.phpを作成。

PHP

require('Smarty.class.php'); class view_smarty extends Smarty { public function __construct() { // Smarty2.xのときは$this->Smarty(); // $this->Smarty();のままだとSmarty3.xでエラーが発生 // (SmartyException: Please use parent::__construct() to call parent constuctor in ...) parent::__construct(); $this->template_dir = 'C:/appli/var/templates/'; $this->compile_dir = 'C:/appli/var/templates_c/'; $this->config_dir = 'C:/appli/var/configs/'; $this->cache_dir = 'C:/appli/var/cache/'; } }

ドキュメントルート(C:\appli\www)下にhello.phpを作成。

PHP

require('../lib/smarty.php'); $view = new view_smarty(); $view->assign('message', 'Hello World'); $view->display('hello.tpl');

C:/appli/var/templates下にテンプレート(hello.tpl)を作成。

Smarty

<!DOCTYPE html> <html> <head> <meta charset="utf-8"> <title>hello</title> <body> <p>{$message}</p> </body> </html>

http://localhost/hello.phpにアクセスし、Hello Worldが表示されれば設定完了。

最新の記事

プロフィール

流されるままにウェブ業界で仕事しています。
主にLAPP環境でPHPを書いています。
最近はjQueryをよく書いています。