Analytics ビューフィルタの設定

リファラスパム対策、ホスト名除外、特定IP

リファラスパム除外

ページタイトルが(not set)と表示されているレポートを除外する。ホスト名を確認すると自身のサイトやウェブキャッシュ以外のスパムからのアクセスであることがわかる。

ページタイトルホスト名
(not set)example.com

アナリティクス設定
ビュー > フィルタ > フィルタを追加

ビューにフィルタを追加
ビューにフィルタを適用する方法を選択
新しいフィルタを作成を選択
フィルタ情報
フィルタ名「(除外)リファラスパム」を入力
フィルタの種類「カスタム」>「除外」を選択
フィルタフィールド「ページタイトル」を選択
フィルタパターン「^$」を入力

フィルタの確認
このフィルタを確認する

確認後、保存

ホスト名が(not set)のレポートもまたスパムからのアクセスのため、ページタイトルと同じようにフィルタを設定する。

ページタイトルホスト名
Home page(not set)

特定ホスト名除外

ホスト名に特定のドメインが表示されているレポートを除外する。アナリティクスのトラッキングコードが別サイトに埋め込まれている場合などに設定。

ページタイトルホスト名
Home pageexample.com

アナリティクス設定
ビュー > フィルタ > フィルタを追加

ビューにフィルタを追加
ビューにフィルタを適用する方法を選択
新しいフィルタを作成を選択
フィルタ情報
フィルタ名「(除外)exsample.com」を入力
フィルタの種類「カスタム」>「除外」を選択
フィルタフィールド「ホスト名」を選択
フィルタパターン「exsample\.com」を入力

フィルタの確認
このフィルタを確認する

確認後、保存

IP除外

固定IPをアクセスレポートから除外する。主に社内や自宅からの自分自身のアクセスカウントの除外のために設定。

アナリティクス設定
ビュー > フィルタ > フィルタを追加

ビューにフィルタを追加
ビューにフィルタを適用する方法を選択
新しいフィルタを作成を選択
フィルタ情報
フィルタ名「(除外)192.168.1.0」を入力
フィルタの種類「定義済み」>「除外」>「IPアドレスからのトラフィック」>「等しい」を選択
IPアドレス「192.168.1.0」を入力

フィルタの確認
このフィルタを確認する

確認後、保存

最新の記事

プロフィール

流されるままにウェブ業界で仕事しています。
主にLAPP環境でPHPを書いています。
最近はjQueryをよく書いています。