Smarty sectionのプロパティ

index、index_prev、index_next、iteration、first、last、rownum、loop、show、total

Smarty

{* ループの回数 0から数えた値 0,1,2,... *} {section loop=$arrFrom name=arrItem} {$smarty.section.arrItem.index} {/section}

使用例

PHP

$arrFrom = array('foo', 'baz', 'bar', 'qux', 'quux'); $view->assign('arrFrom', $arrFrom);
0 1 2 3 4

Smarty

{* ループの回数 -1から数えた値 -1,0,1,... *} {section loop=$arrFrom name=arrItem} {$smarty.section.arrItem.index_prev} {/section}
-1 0 1 2 3

Smarty

{* ループの回数 1から数えた値 1,2,3... *} {section loop=$arrFrom name=arrItem} {$smarty.section.arrItem.index_next} {/section} {* ループの回数 1から数えた値 1,2,3,... rownumのエイリアス *} {section loop=$arrFrom name=arrItem} {$smarty.section.arrItem.iteration} {/section}
1 2 3 4 5

Smarty

{* ループの総数、カウント = count($arrFrom) *} {section loop=$arrFrom name=arrItem}...{/section} {$smarty.section.arrItem.total}
5

Smarty

{* ループが最初のときTRUE *} {section loop=$arrFrom name=arrItem} {$smarty.section.arrItem.index} {if $smarty.section.arrItem.first} 最初のみの処理... {/if} {/section}
0 最初のみの処理... 1 2 3 4

Smarty

{* ループが最後のときTRUE *} {section loop=$arrFrom name=arrItem} {$smarty.section.arrItem.index} {if $smarty.section.arrItem.last} 最後のみの処理... {/if} {/section}
0 1 2 3 4 最後のみの処理...

Smarty

{* ループの最後のインデックス *} {section loop=$arrFrom name=arrItem} {$smarty.section.arrItem.loop} {/section} {section loop=$arrFrom name=arrItem}...{/section} {if $smarty.section.arrItem.show} 配列が空でない場合の処理... {/if}

最新の記事

プロフィール

流されるままにウェブ業界で仕事しています。
主にLAPP環境でPHPを書いています。
最近はjQueryをよく書いています。