jQueryで0埋め実装

ゼロパディングをJavaScriptで関数化

jQuery

$(function () {   // 123 // $('#debug').append(getZeroPadding(123, 3)); // 00123 // $('#debug').append(getZeroPadding(123, 5)); // 0000123 // $('#debug').append(getZeroPadding(123, 7)); }); /** * * Zero Padding * @param {float} number * @param {int} decimals * @return {string} */ function getZeroPadding(number, decimals) { var number = String(number); // 0埋め指定数より桁数が大きい場合は処理を中止 if (number.length > decimals) { return number; } // 値の前に10を乗算し0を追加、その後指定桁数へ切り出し return (Math.pow(10, decimals) + number).slice(decimals * -1); } // numberの最大値が上限以下になる仕様の場合 // 0埋め2桁 // ('0' + number).slice(-2); // 0埋め3桁 // ('00' + number).slice(-3); // 0埋め4桁 // ('000' + number).slice(-4);

123を0埋め最大7桁の値にする

10の7乗で10000000
'10000000' と '123' を結合して、 '10000000123'
'10000000123' の後ろから7桁分の文字列を切りだして、 '0000123'

サンプル

最新の記事

プロフィール

流されるままにウェブ業界で仕事しています。
主にLAPP環境でPHPを書いています。
最近はjQueryをよく書いています。