jQuery id 存在チェックの取得と実行速度

idの存在チェック、処理速度からの最適化

10000回繰り返し、処理時間の計測。

jQuery

// 開始 console.time("document.getElementById('apple'"); var documentGetElementByIdId = '存在しない'; // 10000回実行 for(var i = 0; i < 10000; i++){ // 処理 if (document.getElementById('apple') != null) { documentGetElementByIdId = '存在する'; } } // 値 console.log(documentGetElementByIdId); // 終了 console.timeEnd("document.getElementById('apple')");

サンプル

対象のIDが存在している場合。

セレクタ 実行速度(10回平均)
$('#apple')[0]8.383ms
document.getElementById('apple')8.582ms
$('#apple').size()8.604ms
$('#apple').get(0)9.11ms
$('#apple').length>09.262ms
$('#apple').length18.07ms
$('#apple').is('*')25.108ms

対象のIDが存在していない場合。

セレクタ 実行速度(10回平均)
$('#banana')[0]8.411ms
document.getElementById('banana')9.563ms
$('#banana').size()5.927ms
$('#banana').get(0)6.698ms
$('#banana').length>05.875ms
$('#banana').length8.976ms
$('#banana').is('*')53.693ms

結果一覧はphp.o0o0.jp-jQuery selectorsを参照。

.size()は1.8から非推奨。

最新の記事

プロフィール

流されるままにウェブ業界で仕事しています。
主にLAPP環境でPHPを書いています。
最近はjQueryをよく書いています。